2021年05月07日

ご家族の方がお亡くなりになると、相続手続きを進めていくことになります。相続には法定相続人(法律により決められている相続人)が多くの場合、お亡くなりになられた方の遺産を相続することになります。ご存知の方も多いと思いますが、優先順位も決まっており、配偶者→子→親→兄弟姉妹です。それぞれの相続の割合も決まっています(配偶者、子、親にはそれぞれ遺留分というものもあります)。しかし、実際の銀行解約や不動産の相続のときには、様々な書類が必要となります。戸籍謄本や遺産分割協議書などです。相続人同士での話し合いが円満であってもその書類の準備が煩雑であったりするので、何から始めれば良いのかと戸惑う方もいらっしゃるのではないでしょうか?そういったとき、当事務所では、相続手続きに必要な書類の整備から銀行等の解約手続きといった最終工程まで、お手伝いができます。ご心配事やお困り事がございましたら、お気軽に当事務所にご相談ください。精一杯お手伝いいたします。